So-net無料ブログ作成

台湾旅行へ [雑記帳]

富士HC大会翌週の6/17(土)は、少し肩の力を抜いてロングライドへ。
新しい画像.jpg

箱根旧東海道~長尾峠~足柄峠(裏)をマッタリペースで走りました。
KIMG1269[1].jpg
KIMG1272[1].jpg
ノンビリ走ったにも関わらず、後半は結構ヘロヘロでしたので、
長距離ライドの持久力がチョイ落ちている感じ。
この先はどんどん暑くなりますので、TTよりもロングライドを
中心に走ろうと思います。

そんな感じですが、今週は1w休暇をいただいていますので、
夫婦で6/25(日)~27(火)まで台湾旅行へ行ってきました。

始発バスで大船駅に向かい、ギリギリで羽田直通バスへ乗車成功。

久しぶりの海外旅行でしたが、出国手続きもスムーズに済ませて
JAL097便に搭乗し、約3時間40分、空の旅を満喫。
KIMG1274[1].jpg
8:50羽田発、中華航空とのコードシェア便ながら空いてました。

30分ほどフライトした頃に機内食が登場。
P1040900.JPG
熱々のかしわ飯などをはしたなくパクつきます。

呑気に居眠りなどしているうちに台湾が見えてきました。
KIMG1276.jpg
北鎌倉は雨の出発でしたが、コチラはイイ感じで晴れ。

台北松山空港へのアプローチは強風の影響でかなり揺れるなど
スリリングなひと時でしたが見事にランディング。
KIMG1279.jpg
なかなかイイ腕してるじゃないの。

で、現地ガイドと合流し、台北市内の永康街を散策。
KIMG1280.jpg
予想していたことではありますが、激暑ですよ。
湿度があるせいか、日陰にいても汗が噴き出す有様。

定番観光スポットの行天宮を見学後、クルマで淡水へ向かいます。
P1040912.JPG
ジャイアントやメリダで有名な台湾ですが、本格的なローディを
見かけたのはこの時だけ(暑さのせいですかね)。

台湾の若者たちに人気らしい淡水へ到着。
P1040914.JPG
海風のベタつきがプラスされて不快指数MAX。

情人橋で現地ガイドの盧さんに写真を撮ってもらう。
P1040915.JPG
暑さに加えて、魚の腐敗臭っぽいものも漂ってきたりするも、
夕暮れ時に来たらまた綺麗な景色が見れるだろうと思いました。

ガイドブックによると台湾のベニスと呼ばれているらしい。P1040919.JPG
我が家の近くで言えば、江ノ島みたいな感じですかね。

観光客で賑わう淡水老街へ移動し、1時間ほど自由散策。
P1040934.JPG
活気に満ち溢れる屋台でローカルフードを喰らったりして
ノンビリ過ごしました。

夕飯は台北の高級ホテル、「リージェント台北」内にある
「晶華軒」で広東料理のコース料理に舌鼓を打つ。
P1040938.JPG
料理の味もさる事ながら、雰囲気も味わうといった感じでした。

そして、個人的に最も楽しみにしていた台北101へ。
P1040972.JPG
真下からですと、見上げても頂辺は見えないですね。

入口は空いていたものの、中は結構な人で賑わっていました。
P1040973.JPG

地上382mの89階展望台から台北市内の夜景を望む。
P1040964.JPG
P1040968.JPG
ランドマークタワーからの横浜市内の眺めとはまた趣の異なる、
綺麗な景色をしばし眺めることができて満足です。

あとはホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイにチェックインし、
コンビニに行ったりしてノンビリ滞在しました。

翌日も朝っぱらから猛暑。
まずは忠烈祠で衛兵交代式を見学。
P1040996.JPG
この暑い中、大勢の観光客に見られながら、一糸乱れぬ集団行動で
交代するさまはなかなか見ごたえがありました。

引き続き、世界四大博物館の「故宮博物館」と「中正記念堂」を見学。
P1050031.JPG
P1050038.JPG
現地ガイドの陳さんが貴重な展示品や蒋介石の功績などを一生懸命、
解説してくれましたが、あまり頭に入りませんでした。

続いてランチどころへ向かいます。
P1050027.JPG
そういえば、台北市内はレンタル自転車がかなり充実しています。
何度もちょっと乗りたい衝動に駆られましたが、日本と比較して
かなりヤバイ交通事情を鑑み、今回は止めておきました。

そして台北市内に戻って点心の超有名店「鼎泰豊」でランチ。
P1050026.JPG
普通に行くと順番待ちで溢れかえって1時間待ちはザラらしいですが、
そこはツアーの強みで10分ほどの待機で店内へ。

小龍包やら蒸し餃子やら空芯菜の炒め物やら炒飯やらスープやらが
続々と登場してとても美味しいのですが、ツアーでご一緒したご年配
のお姉さま方が皆さん少食で、自動的に我々夫婦の前に余った料理が
ターンテーブルに乗ってやってくる状況でしたので、KO寸前でした。

あー喰った喰ったとバスに乗り込み、台湾総督府を車窓から眺めつつ、
一休みしたい気持ちとは裏腹に近隣スポットの「龍仙寺」、「霞海城皇廟」
を立て続けに見学。
P1050040.JPG
台湾の人達は若者も結構お参りに来ていて、信仰深いのですね。

その後、満腹感が収まらないうちに、台湾名物のかき氷を喰らうことに。
P1050041.JPG
コチラも地元っ子に人気の店らしいです。

結構なボリュームでカラダが冷え冷えになりましたが、牛乳を凍した
ものを削って作るようで、フワッとした食感と軽いミルク感、
濃厚なマンゴーの味わいにも助けられ、何とか完食。
P1050042.JPG
涼しい店内も相まって鳥肌モノでしたが。

ご年配のお姉さま方が軒並みギブアップする中、なんだかんだ
言いながら奥様もしっかり完食です。
P1050044.JPG

そして、この日のメインディッシュとなる九份へ。
P1050049.JPG
麓からのアプローチは何となく箱根に似た感じ。
交通量が多いうえ、曲がりくねった狭い山道を満員御礼にも関わらず、
遠慮なくかっ飛ばす市営バスに乗って登りましたが、ロードバイクでは
怖くてとても走れそうもないです。

どことなく懐かしい時代を感じさせる九份の街並み。
P1050054.JPG

さっそく、茶処の「阿妹茶酒館」へGo。
P1050057.JPG
コチラも観光客で溢れかえっていますよ。

茶種は忘れましたが、熱く香り高い茶を堪能。
P1050058.JPG
作法とか、聞いてても良くわかりませんでしたが、美味しかったです。

ガイドさんからオススメの茶店「劉峻維」を紹介いただき、
数種類の試飲を経て、紅茶のような香りが特徴の「東方美人」、
美容や脂肪燃焼にも良いとされる「黒烏龍茶」をお買い上げした後、
九份らしい風景を眺めながらノンビリ散策しました。
P1050064.JPG
台湾名物?スクーターの上で気持ち良さげに寝てる猫もいました。

夕暮れ時や夜も風情があって良さそうです。
P1050067.JPG
P1050069.JPG
P1050071.JPG
奥様はここ九份が今旅最大の目的地だったようで、
喜んでもらえて良かったです。

土産物をお買い上げ中の奥様。
P1050074.JPG
慣れないニュー台湾ドルを小袋に整理し、会計もまごつかずに
済ませるあたりは流石だと思いました。

夕飯はお腹があまり減っていないなか、台湾料理の「欣葉」へ。
P1050086.JPG
こちらもお客さんが数組待っている人気店のようです。

三大珍味なる「からすみ」も初めて喰らう。
P1050087.JPG
明太子とチーズを足して2で割ったような濃厚な味わいは、
お酒の好きな方には堪らない、贅沢なつまみかも知れません。

あとは角煮、切干大根入り卵焼き、海老の旨辛炒め、空芯菜炒め、
炒飯などが間髪入れずに運ばれてくる予想通りの展開。
どれも美味しいのですが、特に印象に残ったのが「杏仁豆腐」。
P1050097.JPG
もっちりした不思議な食感で、日本の中華街で食べるものとは
まるで別物といってもイイくらいの逸品に思わず唸る。

このあとは士林夜市で屋台街を食べ歩くプランもありましたが、
他の皆さんと満腹だから食事はもう十分との意見で一致しましたので、
ホテルへ戻ってこの日は終了。
それでもご年配のお姉さま方は閉店30分前にも関わらず「新光三越」へ
茶器に見に行きたいとのことで途中下車…バイタリティ溢れる日本の
おばさまパワーを垣間見た気がした次第です。

最終日は午前中自由行動でしたので、タクシーに乗って漢方街として
有名な「迪化街」へ向かう。
P1050102.JPG
奥様の勤め先の上司へのお土産に「からすみ」をGetするためです。

独特の香りが立ち篭める台湾らしい街並み。
P1050103.JPG
昨晩にガイドの陳さんに紹介いただいた「和億蔘茸有限公司」へ直行、
高品質の「からすみ」をおそらく卸値に近い価格で購入出来ました。

この日も暑かったですが、せっかくの機会ですので少しウォーキングし、
北門站から「台北捷運」、通称メトロでホテルのある中山へ戻ることに。
P1050111.JPG
この路線は地下鉄です。

乗車券はトークンというICチップ入りのコインを買うシステム。
日本の鉄道と大差なく、とても分かりやすかったです。
P1050112.JPG
嬉しそうにトークンを買い求める奥様。

メトロに揺られて中山へ戻り、ホテル近くの百貨店「欣欣秀泰影城」で
土産物を補充するなどしましたが、奥様が事前にこのあたりの下調べを
してくれていたおかげでスムーズに買い求めることが出来ました。
P1050114.JPG
この地域は世界的に有名な高級ブランド店が点在しており、
日本で言えば銀座や表参道に近い感じ。

あとは帰るだけですので、集合時間までにホテル近くに店舗を構える
バーガーキング(漢堡王)でランチを済ませておきました。
P1050115.JPG
日本では10年ほど前に食べたきりでしたので、ワッパーの大きさを
すっかり忘れていて、美味しかったですが1/4ほど残してしまう始末。
そのあたり、抜け目のない奥様はしっかり小を頼んでいました。

そして、14時20分 台北松山発 JAL098便で帰国の途へ。
P1050124.JPG
帰路も中華航空とのコードシェア便で、今回は満員御礼。

機内食はチキンのトマト煮など。
P1050125.JPG
ワッパーでKOされたにも関わらず、完食してしまいました。

テトリスに夢中になっている奥様。
P1050127.JPG
居眠りしまくる私とは対照的に飛行機・バスの車内とも終始元気でした。

今回は時期的に雨を覚悟していましたが、現地で傘を使ったのは九份で
数分程度の俄雨があっただけで、3日間とも天候に恵まれたと思います。
台湾は初訪問でしたが、中国語や台湾語だけでなく、日本語と英語も
交えてコミュニケーションが取りやすかったり、現地の人たちは親切
な方が多く、各地で親日を感じた次第です。

街中の表示物も漢字を見れば、何となく意味が分かるところも、
親しみを感じる理由かも知れません。

日が暮れても汗が噴き出す暑さと、横断歩道ですら気を抜けない
交通事情はちょっとキツイですが、長期の旅行は疲れてしまう
リーマンですら、もう1日くらい滞在して、自由行動しても良いな、
と思ったほど台湾が気に入りました。

そんな感じでスムーズに帰国した感じ。
P1050129.JPG
またいつか、台湾に行きたいと思います。

羽田からは大船駅直通バスに乗り、自宅には21時頃帰宅。

寝る前に洗濯を済ませたいのだと慌ただしく動き回る奥様を横目に、
呑気に土産物を並べて写真撮影に興じる。
P1050133.JPG
定番のパイナップルケーキなど。
箱モノは嵩張りますが、見栄えが良いため、1wバックアップ
してくれた勤め先の皆さんへのお礼に頑張って持っていきます。


nice!(34)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 34

コメント 9

johncomeback

良いですね「台湾」
JR全線走破を達成したら相方と行ってみたいです(^^)
by johncomeback (2017-06-29 20:35) 

creeker

台湾旅行とてもいいですね!
グルメに夜景にとてもフレッシュな異国文化を拝見し海外旅行は本当に楽しい時間だと思います。

富士ヒルクラ大会1週間後に箱根旧道~長尾峠~足柄峠を攻められるとは、本当に凄い健脚ぶりに驚きました。
梅雨明けが待ち遠しく思いますが、今年は例年より暑い夏になるという予測もあるので、それまでにバテない身体造りをしなければという焦る気持ちが勝る日々が続いております(笑)
by creeker (2017-06-29 23:04) 

joyclimb

充実した3日間を過ごされましたね^^
帰国当日に洗濯を済ます、素晴らしいです。
by joyclimb (2017-06-29 23:08) 

大型中年

喫茶こじろうさん

台湾旅行お疲れさまでした。
写真を拝見すると、奥様の元気が倍加されたようで、素晴らしい家族サービスとなりました。 台湾旅行ですか、私も狙っていたところで羨ましいです。
うちは家内が海外旅行が嫌いで、最後に行ったのは20年前です。昨年の長期休暇でもすべて却下され、結局国内旅行連発でした。逆にコストがかかったかもしれません。

それにしても、旧東海道~長尾峠~足柄峠の3連発はすごいです。距離も170kmぐらいでしょうか、こじろうさんの健脚ぶりに驚ろかされます。残りの長期休暇、天気がイマイチですが、楽しまれてください!!
by 大型中年 (2017-06-30 05:47) 

喫茶こじろう

johncomebackさま

台湾は日本国内の観光地を巡るのに近い感覚で
巡れましたのでオススメです!

by 喫茶こじろう (2017-07-02 19:55) 

喫茶こじろう

creekerさま

台湾は食べ物が本当に美味しくて、しっかり1.5kgほど重くなって帰ってまいりました(笑)
治安が比較的良いのもポイント大ですね。

富士ヒルが終わり、目標らしいものがボンヤリしがちなシーズンですので、持久力をつけるべく挑んだ箱根路でしたが、疲労感凄まじくボロボロでした(苦笑)
今年も猛暑がやってくると思うと少しゲンナリしますね。

by 喫茶こじろう (2017-07-02 20:01) 

喫茶こじろう

joyclimbさま

生活リズムのことも考慮すると、旅行も3日間くらいなら影響が小さくて良いと思いました。
かの地では汗をたくさんかきましたので、早めに洗濯してもらって正解でした(笑)
by 喫茶こじろう (2017-07-02 20:04) 

喫茶こじろう

大型中年さま

夫婦揃って旅行好きなのですが、今回は奥様が出発前から事前調査をしていてくれてとても助かりました。私もかなり楽しめましたし、良い家族サービスが出来て充実した3日間になったと思います。台湾はフライトも3時間ほどですし、国内旅行と近い感覚で巡れて何より食べ物が美味しいです!ぜひお勧めいたします。

箱根路は交通量が多いのがネックですが、様々なコース設定ができるのが魅力ですね。カルデラ地形ゆえ、何度も上り返しがあって、どう巡っても苦悶しますが(苦笑)
by 喫茶こじろう (2017-07-02 20:12) 

えすぷれそ

台湾ってもっとロードバイク走り回ってるイメージだったんですが・・・でも、あまりローディー見かけると精神衛生上よくないかもしれませんね。
しかし、ツアーの食事はすごいですね~。

by えすぷれそ (2017-07-02 20:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。